77th Anniversary 〜すべてのありがとうをかたちに〜
  1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

企画書
2016/06/02
2016/06/01

私たちがこれから行なおうとしていることに関して、あらかじめ検討した上で考えをまとめ、提案することは誰もが行っている。考えたことを文書にするかしないかは、場合にもよるし人にもよる。今回はものごとをあらかじめ検討することを意味する企画について考えてみた。

自分自身の興味や関心に照らして、どのような分野の仕事についたらよいか、そのようなことを漠然と考える時期が人生にはある。私の場合も、いろいろなことについて調べたり、あらかじめ企画や計画を立てることは好みの一つだった。個人的好みがどのような職業に結びつくのかは、真面目に考えることもなかった。ところが、大学で学んだことを就職後も継続し、公共的な研究プロジェクトに従事し、その後は研究職についてしまった。人生を振り返ると、結果的には似たような世界をうろうろしていたことになる。

企画した内容を取りまとめた文書は、企画書と呼ばれている。英語でプロポーザルといい、ビジネスの世界ではお馴染みである。プロポーズは求婚を意味するが、プロポーズ(提案)とパーポス(目的)とが同じ意味の言葉であることは興味深い。語源を調べると、ラテン語の、’proponere’ に由来することが分かる。’pro’は前に進めることであり、’ponere’は場所や位置を意味する。よって、企画書は、元来「目的を持って前に進めるために提案する書類」であることが分かる。因みに、「企」の古語は「くはたつ」で、「くは」は「かかと」を意味する。したがって、「くはたつ」とは、かかとを上げて爪先で立つことである。これで、くわだてるための企画や計画の本来の意味が良く分かる。

何かのプロジェクトを考え実施するためには、まずは理解してくれる人や組織を見つけ出し、資金を獲得する必要がある。研究者の場合ならば、研究資金であるし、非営利組織ならば活動資金に当たる。私は、かつて同僚と一緒に、全国100名の研究者を動員する大型研究プロジェクトを企画したことがある。4年間で8億円となる研究プロジェクトの企画書を作成することになった。企画書自体が小冊子にもなる分量だった。事前の打ち合わせや企画書印刷代などに、約40万円の予算を大学に特別に認めてもらった。予算要求活動の準備活動のために予算を計上することはなかったので、特別の処置だった。ある意味では研究推進のための投資のようなものである。一次審査は通過したが、残念ながら二次審査を通過することはできなかった。この研究資金獲得活動の過程で、各分野の研究者との連携が生まれ、貴重な体験となった。

今や世界的な建築家として知られる安藤忠雄にしても、建築提案に関する建築コンペでは勝ったり負けたりだと言っている。金額は問わず、予算要求活動の挑戦によって、人は鍛えられていく。企画書はそんな厳しさを示す一例であり、どの世界も現実の戦いは厳しいのである。
(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術

いつご来店頂いても、心地よくお過ごし頂ける様ヘアサロン大野グループでは10のお約束を実施しております。大野がご用意させて頂く非日常のプライベートルームでどうぞゆったりとお寛ぎ下さい。

大野WORK
大野HOBBY