1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2022/07/29

地下水の話

2022/05/30

江の島詣

2022/04/29

理髪師の息子

2022/04/04

何を根拠に

2022/02/26

たのしみは

2022/01/28

心技体再考

2021/12/27

謎掛け

2021/09/03

愛読書

2021/06/29

うちわ話

2021/04/29

身近な古墳

2021/04/02

国際電話

2021/01/29

手続き

2020/09/29

箱根小旅行

2020/05/29

幕末のコロリ

2020/03/30

じゃんけん

2020/02/28

ネジの一締め

2020/02/03

両国の風情

2020/01/02

正月

2019/09/28

体育の個人史

2019/09/02

巡検

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

何を根拠に
2022/04/04
久し振りに一枚の写真を手にして眺めていた。ロンドンの大英博物館前にあるパブで、友人のM君とビールのグラスを片手にした写真だった。二人とも良い笑顔である。M君とは大学の学部時代にゼミで一緒に学んだ仲である。学部卒業後に、M君は大学院に進学し、学部時代とは異なる分野である図書館学・書誌学を専攻した。研鑽を積み、後に私立大学の教授になった。したがって、書物や雑誌などの文献の取り扱いについては専門家であり、詳しいことは勿論のこと、なかなかうるさい。

重箱の隅をつつく、といえばあまり良い表現ではないが、重箱の隅に穴をあけるぐらい、念には念を入れる取り組み姿勢が彼の真骨頂である。それで彼は研究仲間内でも高い評価を得ていた。そんな彼から、私が当時所属していた東北大学理学部の研究室に電話がかかってきた。もうずいぶん昔のことである。

電話の内容は次の通りであった。ある有名な論文があるが、引用者によってその発行年が異なっている。そこで、当該論文の正確な発行年を確認するために、東北大学理学部図書館が所蔵している海外の学術雑誌を複写してほしいとの依頼である。世界で一流の学術雑誌を所蔵していることは大学にとって宝となる。早速複写して彼に送付したのだが、私も興味がわいたので、論文刊行のいきさつが分かる部分だけを読んでみた。

読んでみたら、異なる発行年についての理由が分かった。つまり、この論文は、著者が学会等の集まりで講演したものが活字化されてできたのであった。学会が12月に開催されて論文内容が口頭発表され、翌年発行の雑誌に活字となって掲載されたのだった。その事実を確認せずに引用者が発行年を記載するので、二種類の発行年が発生し混乱が生じていた。とりわけ、引用の引用などと連続すると訳が分からなくなる。意図的に誤った情報であるフェークニュースの伝播みたいなものである。分かってしまえば何でもないことではあるが、大事なことは、現物に当たって確認作業を実施するかどうかである。現場、現物の確認作業の重要性は、私にとっても良い教訓となった。

ものごとを進めるにあたっては、証拠や根拠を示すことが大事である。事件解決のためには、証拠物件、目撃者の証言、音声や画像データ、DNA検査などの科学的分析に加えて、状況証拠や当事者心理などを把握することも必要である。根拠を示すためには、それぞれの分野で作法がある。研究分野ならば研究の方法、段取りがあり、問題設定、データ、分析手法、結果、解釈などの分析の手順がある。

数年前に社会問題となったSTAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞と訳されている)の事件が記憶に新しい。刺激によって新しい細胞が誕生するかもしれないとの報道に、世間の注目が集まったのだった。研究の世界ならば、データの信憑性を示すものとして、実験ノートを用意しておくことは常識である。データの再現性のチェックも欠かせない。同じやり方で再現できるかどうか世界中で追試が行われた。再現できなかったので、STAP細胞は世界で承認されなかった。

ビジネスや家庭で、そして日常の暮らしにおいて、当然ながらものごとには段取りがあり、それぞれの理由、根拠がある。なぜこのような仕組みになっているのか、どうしてそのような気持ちになるのかなど、その根っこに当たる事柄について再考することが大切である。子供が、「なぜ、どうして」と質問攻めにすることの大人版と考えるとよいかもしれない。自分の分野において、何を根拠にそのように仮定し、論理づけ、結論を導き出しているのか、改めて見直してみる習慣を心掛けたいものである。



(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術
大野WORK
大野HOBBY