1. ホーム
  2. Men’s Life Style
Men’s Life Style
金安 岩男

著者:金安 岩男
1947年2月に東京の下町に生まれる。
学部で経済学、大学院で地理学を学び、外資系情報企業、国立大学、私立大学での勤務経験を有し、研究、教育、研修などの各種プロジェクトを実施。地理学者として、計画実践、プロジェクト発想に取り組んでいる。海外諸都市の街歩き、相撲などを趣味に、発想のヒントをいつも探究中。社会的活動として、政府機関、地方自治体の各種審議会、委員会などの会長、委員などを務めている。
主な著書に、『時空間の構図』、『プロジェクト発想法』、その他多数。現在は、慶應義塾大学名誉教授、新宿自治創造研究所所長。

艶肌コラム

技術の心 心の技術

記事一覧

2022/11/29

坂道

2022/07/29

地下水の話

2022/05/30

江の島詣

2022/04/29

理髪師の息子

2022/04/04

何を根拠に

2022/02/26

たのしみは

2022/01/28

心技体再考

2021/12/27

謎掛け

2021/09/03

愛読書

2021/06/29

うちわ話

2021/04/29

身近な古墳

2021/04/02

国際電話

2021/01/29

手続き

2020/09/29

箱根小旅行

2020/05/29

幕末のコロリ

2020/03/30

じゃんけん

2020/02/28

ネジの一締め

2020/02/03

両国の風情

2020/01/02

正月

2019/09/28

体育の個人史

2019/09/02

巡検

2019/05/29

看板考

2019/04/27

令和と開発

2019/03/30

人の一生

2018/12/28

イノシシの話

2018/11/02

松阪への旅

2018/10/01

地球の誕生

2018/07/30

芝居見物

2018/06/29

橋掛人

2018/05/31

業界の守り神

2018/03/31

日常と非日常

2018/02/27

道具をつくる

2017/09/29

蕎麦のこと

2017/06/08

information

2017/05/29

無料の本

2017/04/28

長崎への旅

2017/02/27

詩の活用

2017/01/31

二月

2016/11/29

自然観

2016/09/28

新宿末広亭

2016/09/02

補助線

2016/07/30

思い込み

2016/06/02

企画書

2016/04/27

台湾への旅

2016/02/26

解釈の違い

2015/12/29

人生の節目

2015/11/30

探索学習

2015/10/29

お馬の運動会

2015/09/30

ルール

2015/08/31

幕末の京都

2015/07/30

地図の愉しみ

2015/03/31

社会人入試

2015/02/27

スピーチ

2015/02/04

お江戸日本橋

2014/12/28

関心

2014/12/01

モデル

2014/10/30

君が代

2014/08/29

ワインの話

2014/02/01

転職 (2014/02/01)

2013/12/01

10円

2013/11/01

と言えり

2013/10/01

肩書き

2013/06/03

差の効用

2013/05/01

システム思考

2013/04/01

木配り

2013/02/04

氷山モデル

2012/11/01

プラス60年

2012/10/03

制約条件

2012/09/04

氷が解けたら

2012/08/03

的の先

2012/05/11

四月

江の島詣
2022/05/30
五月に入ってから、関東地方は好天に恵まれず、曇りや雨の日が多かった。そんな中、太陽が出て良い天気になったので、江の島に散策に出かけることにした。江の島(神奈川県)は厳島(広島県)、竹生島(滋賀県)と並ぶ日本三処弁財天の一つとして有名である。拙宅からは距離にして約13キロメートル、車で約30分と近い。

「江の島はゆうべ話して今日の旅」と江戸川柳にある通り、現代でも首都圏を代表する身近な観光地である。また東京の小学生たちにとっては遠足の訪問地であった。江の島は観光資源が豊富であり、観光ガイドブックも多数刊行されている。今回は江の島の自然、とくに島の成り立ちなどについてご紹介してみたい。江の島、江ノ島、江島などいろいろな書き方があるが、ここでは江の島の表記で進めていく。

その昔、江の島は文字通り「島」であった。島の周囲は約4km、そして標高が約60mである。島の主要部分は葉山層群と呼ばれる砂岩ならびに火山灰などが固まった岩石である凝灰岩からできている。また、富士山や箱根山の噴火によりできた関東ローム層も島の一部で見ることが出来る。昔は満潮時には孤立した島になり、干潮時には砂洲で陸続きとなるので、徒歩で渡ることが出来た。陸と島とが繋がってできているので、島のことを「陸繋島<トンボロ>」(りくけいとう)と呼び、砂洲のことを「陸繋砂洲」(りくけいさす)と呼んでいる。南からの海流が島で妨げられ、陸に当たり、沿岸流が砂を運び、次第に砂洲が伸びていく。その結果、陸地と島とが繋がったというわけである。

陸と島とは、初めは木橋が、そして1949年にはコンクリート製の弁天橋が出来てつながり、陸側から島に渡るのに便利になった。今では、歩行者用と自動車専用の道路とが分離されている。江の島は1964年の東京オリンピック大会のヨット競技会場になり、その機会に道路等が整備された。青銅の鳥居をくぐり、弁財天仲見世通りを昇っていくと、両側に土産店・飲食店・旅館などがあり、江島神社(辺津宮・中津宮・奥津宮)の建物をいくつか見ながら、植物園と展望灯台に到達する。エスカー(エスカレーター)を利用すれば、歩くのも楽である。

島の南西部を下っていくと、平たい岩が広がっているのが見えてくる。「稚児の渕」である。この平たい岩は、元々は海中にあった時に波に浸食されて平らになったものが、隆起により海面に出てきたものである。「海食台」と呼ぶ。江戸時代に描かれた「江嶋一望図」には、「まないた石」と記載されている。そして1923年の関東大震災の際には、約1メートル隆起した。この海食台は、風や波の浸食作用によって、「波食棚」にかわっていく。

島沿いの通路を崖(「海食崖」)に沿って歩いていくと、いくつかの洞窟(「海食洞窟」)がある。波の浸食が岩石の割れ目に沿って働くと岩石の破壊が進み、徐々に洞窟が形成されたのである。「お岩屋」と呼ばれる本宮であり、霊験あらたかなる祈念の場所である。洞内に入ると、そこには江の島を詠んだ与謝野晶子の歌碑がある。
  沖つ風吹けばまたたく蝋の灯に志づく散るなり江の島の洞  与謝野晶子

島内にはいくつかの石碑があるが、その内の一つに芭蕉の句碑「芭蕉塚」がある。刻まれた文字は石が風化していて読みにくい。読みにくいはずで、句碑が設置されたのは、寛政九年(1797)のことだから225年も前のことだ。パンフレットによると次の通りである。
  うたがふな塩の花も浦の春  芭蕉

海や空の青さを背景に、岩に当たる波の白いしぶきが、あたかも塩の花のようであり、良い春を迎えることだろうの意。この場所にふさわしい俳句であり、ここに句碑が設置されているから、芭蕉がここに立ったのだと思いがちだが、そうではない。この俳句は伊勢市の二見町で読まれたものである。「浦の春」の浦は、夫婦岩と注連縄で有名な二見が浦のことである。伊勢神宮の垢離場として、ここで身体を清めてから伊勢神宮に参拝する。芭蕉の俳句が二見浦だったとしても、この江の島でも通じる内容なので、句碑が建つのにふさわしい。

その他にも、酒井抱一の「八方睨みの亀」(模写)の扁額、大森貝塚発見者のエドワード・モースの臨界実験施設跡、岩本楼、弁財天、ヨットハーバーなどのマリーンスポーツ等々、見所は挙げきれないほど沢山ある。コロナ禍で減少していた観光客も徐々に回復しつつある。夏の最盛期を避けて、季節外れや平日などに、各人の興味や関心に合わせて見物すると良いと思う。



(金安岩男 慶應義塾大学名誉教授)
他のコラムを読む 艶肌コラム 技術の心 心の技術
大野WORK
大野HOBBY